忍者ブログ
インターネット
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


英語って難しいですね。皆さんは多くの人は、学生の時に学んだと思いますがもう1度きちんと学んでみたいと考える人も、少なくないと思います。

そして英語のリスニングなどは、外国人と会話するのには、必要不可欠ですよね。

リスニングを学びたいけどかといって教材を買ってしまうと料金は、高い上にお仕事などで毎日続ける事が出来ない人も多いはずです。

こういうときには、無料で好きな時間に英語が学べると嬉しいですよね。インターネットラジオは、無料で英語リスニングツールが学べるそうです。

インターネットラジオとは、言葉の通りインターネット上でラジオが聴けることを言い、殆どのラジオが無料で聴く事が出来ます。

もちろん英語リスニングも無料で聴く事が可能ですし、インターネットラジオなら英語教材のような決まった教科書どおりの英語ではなく、本場の生の英語を直接聞くことが可能です。

また、同じ英語圏でも、イギリス・アメリカ・オーストラリアと発音が違い、オーストラリアへ海外旅行に行った時に、英語をバッチリ勉強して出発したはずなのに発音が違う為、理解がしにくいと言うやりきれない思いをした事があります。

そのような事が起こらない為にも、その各国のリスニングの違いを理解して貰う為に、複数の国のラジオ放送を集め、各リンクからはラジオ放送局へのリンクがあるそうです。

日本の各都道府県にも訛りや方言があるのと同じで、同じ英語でもやはり違って聴こえるのです。

まずは、あなたが聞き取り易い英語から練習して理解していくのが、1番良い方法だと思います。

PR

 

世界全土でネットラジオ局として最も有名であるPandoraは、日本も含む海外からのアクセスを遮断することを決定しました。

これにより、日本を始め世界各地からのサービスの利用は出来なくなるそうです。

現在Pandoraは、海外からアクセスしているユーザに対してメールを送付していて、そのメールの中でPandoraは、今回のアクセスの遮断の決定についての事を、ユーザに対する謝罪と残念な気持ちをつづっているそうです。

しかし、もともと米国のみのサービスなので悪いのは居住地を偽りサービスを受けていたユーザ側であるにも関わらず、Pandoraは世界的なサービス展開を理想としていたため、お目こぼしをしてくれていたのである。

でもPandoraを責めるべきはではないし、むしろ、今までのサービスの提供に対して感謝するべきだと多くの人が考えています。




今まで、Pandoraのレジスト時の利用者の在住国の判別などは、ZIPコードのみをもとに行われてきましたが、今回からはIPアドレスをもとに行われることになりその為、日本からダイレクトにアクセスした場合は、ブロックされることになります。

謝罪のメールでは、5月3日よりブロックを開始するとしているのですでに閉鎖されていると見られます。
閉鎖された事は、とても残念ですし、がっかりしている利用者達も多くいることでしょう。

いつの日かわさわざ在住国を確認せず、誰でも全国各地でPandoraが楽しめるようになればいいですね。


J-WAVEのインターネットラジオ「Brandnew J」がW-ZERO3シリーズで視聴可能になりました。

WILLCOMは、J-WAVEが運営する音楽専門インターネットラジオの「Brandnew J」をウィルコムのスマートフォン、「W-ZERO3」と「W-ZERO3[es]」で視聴する事が出来るサービスを開始したそうです。

従来、インターネットをパソコンですると大量のパケット通信が発生するので、インターネットラジオのモバイル端末向けサービスは、難しいとされてきました。

しかし、WILLCOMは全国に広がっている16万もの基地局でこの問題をクリアして、国内で初めてとなる本格的なモバイル端末向けのインターネットラジオ番組の提供を実現しました。

Brandnew Jを視聴するには、W-ZERO3シリーズのWebボタンを押し、ウィルコム公式サイトなどから、「インターネットラジオ」にアクセスすると視聴することが出来ます。


WILLCOMは、同じメーカーなら通話が無料で有名で機能も素晴らしいと評判で今はまだ世間に浸透しているとは言えませんが、何年後かには他の携帯会社と同じように発展すると考えられています。

WILLCOMを持っている人や持ってみようか考えている人は、J-WAVEのインターネットラジオを試してみてはいかがですか。

WILLCOMのインターネットラジオで、人気のあるJ-WAVEの「Brandnew J」の番組をお出かけ中にも聞く事が、出来るのでお手軽なのに嬉しいですね。




インターネットラジオ局の「T-WAVE」は、京都にあるT-STEP Corp.が運営する放送局です。

「T-STEP」では、インターネットやCD-ROM等デジタルコンテンツを利用したビジネスプロモーションの、開発を手がけています。




では、どういった番組を放送しているインターネットラジオ局でしょうか。

まず1つは、リラクゼーションサウンド?1/fゆらぎ?です。

このインターネットラジオ局は、リラクゼーションを目的とした波のバッググラウンドを放送しています。

そして、「1/f ゆらぎ」の法則は、自然界に普遍的に見られる現象で、あらゆる自然現象の動きの元となる法則で、規則性はないですが、ある法則性をもつ原則なのです。

例えば、波のさざなみや炎のゆらめき・小川のせせらぎ・そよ風などで、これは私たち人間の心拍のリズム、生体のリズムと、同じだということがわかり、つまり、このリラクゼーションサウンドを聞くと、環境下においてヒトはα波を発し、快適にリラックスして過ごすことができると考えられています。

「T-WAVE」が持つもう一つのインターネットラジオ局が、ラジオの昔話です。

このインターネットラジオ局は、子供達の美しい心・豊かなイマジネーションを育てるために開設されたラジオ放送局です。

週変わりで、お話は変わりますが、随時4話程お話を用意してくれていますので、子供も飽きることなく聞くことが出来ます。

また、お母さんや保育士さん達が聞いても読み方などの勉強になると思います。


どちらも無料ですので、1度聞いてみてはいかがですか。

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
最新CM
[04/13 平垣茂穂]
[04/13 平垣茂穂]
[11/05 はああああ]
[10/09 xevqlbtgqz]
[09/08 NONAME]
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
  • seo
フリーエリア
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White

忍者ブログ [PR]